いち髪ふんわりボリュームケアはおススメですが、ギシギシするのはストレスになる!

Pocket

 

『一髪二姿三器量』という言葉、ご存知ですか?

 

髪・身だしなみ・顔立ちの優先順位を述べた古い言い伝えなんですよ。

 

 

いくら器量よし(美人)でも姿(身なり)がだらしないと、美しく見えない。

いくら姿を整えても、髪をきちんとしていない女性は美しく見えない。

だから、何よりも髪をきちんと整えて置くことが大切ですよ。

 

 

ねっ! 意味はこーんな感じです。

 

大変だ!!

わたし、ボリュームのない髪の女なんですよね。

ペシャンコの髪は老け見えの原因だし、何よりも気分が下がる(涙)

だから、シャンプー選びのキモは、何が何でもふんわりボリュームアップです。

 

 

わたし、いち髪ふんわりボリュームケア使っているんです。

(いち髪のネーミングは上で、お話しした事に由来するらしいですよ。)

 

 

でもね、ボリュームアップに関してはいい仕事するんだけど、なんだか最近髪のギシギシ感が

気になるんです (~_~;)

 

 

ふんわりボリュームアップを優先するの?

でも、毎日髪がギシギシして、ストレスを感じるシャンプーを続けるの?

どうしたらいいの、わたし。。。。

 

そう言えば、いち髪ふんわりボリュームケアを使って

髪のギシギシ感を訴える口コミを読んだことがあるんです。

 

少し調べてみますね。いち髪ふんわりボリュームケアのこと。

 

 

いち髪ふんわりボリュームケアって、いい感じなんだけど、何故かギシギシ感があるのよね。

 

●和草の力で、潤いと艶をプラス

●ふんわり軽やか、ボリュームのある絹髪へ

●爽やかなザクロと、心和む桜の香り

 

上記が、いち髪ふんわりボリュームケアの3つのおススメポイントです。

堀北真希さんから代わって、川口春奈さんと神木君の新CMが印象的ですよね。

 

洗髪中に髪がギシギシする理由はシャンプーに問題があるのかも?

 

1⃣ノンシリコンシャンプーには髪がきしむ可能性があります

 

髪に良いと言われているノンシリコンシャンプーですが、髪がギシギシときしみやすいという

デメリットがあります。これは、髪をコーティングする作用のあるシリコンが含まれて

いないからですよね。

 

コーティングされていない髪は、濡れるとキューティクルが開きやすくなり、キューティクルが

開いていると髪の表面に凸凹ができ、髪同士が絡みやすくなります。

 

 

2⃣洗浄力の強いシャンプーも髪がギシギシする原因になります

 

洗浄力・脱脂力が強い石油系界面活性剤(ラウレス硫酸アンモニウム・

ラウレス硫酸ナトリウム等)のシャンプーはシリコンが配合されているおかげで、

指通りが良くなっているので、それがなくなれば髪のギシギシ感は免れません。

 

ノンシリコンであるからギシギシするというよりも、シャンプー自体の素材の良しあしが

問題になります。

 

洗髪中に髪がギシギシする理由は洗い方に問題があるのかも?

 

1⃣髪は優しく丁寧に洗いましょう

 

髪、丁寧に洗っていますか?

 

シャンプーの時って、当然ですが髪は濡れていますよね。

髪が濡れている時って、キューティクルが腫れあがっている状態なんです。

 

髪にとって、キューティクルが腫れあがるという事は、とてもデリケートな状態になっており、

そんな時に髪を、ゴシゴシと力任せに雑に洗ってしまうと、腫れあがったキューティクルは

その摩擦で簡単にはがれてしまい、髪が傷む原因となり結果、ギシギシとした髪質になって

しまいます。

 

髪がギシギシする理由は、乾かし方に問題があるのかも?

 

1⃣髪は手早く優しく乾かしましょう

 

まだ濡れている髪を、早く乾かそうと渾身の力でタオルドライすると、まだ開いている

キューティクルがどんどん剥がれます。

そして、自然乾燥も大間違いです!

 

濡れたまま髪を放置すると、蛋白質が外に流れ出したり、そのままの状態で寝てしまえば

枕との摩擦でキューティクルが剥がれてしまい、髪をギシギシにする原因になります。

ドライヤーを使い、なるべく短時間で乾かすことが大切です。

 

髪がギシギシする理由は、カラーリングやパーマに 問題があるのかも?

 

1⃣頻繁にカラーリングやパーマを繰り返すのはやめましょう

 

カラーリングって、キューティクルを無理やり開いて、髪の内部にあるメラニン色素を脱色して

から着色を行うんですよ。

当然、キューティクルは剥がれ、髪の内部までダメージを与えることになってしまいます。

 

パーマも同様です。アルカリ性薬剤の影響で、キューティクルがほぼ1ヶ月ほど開いたままで、

蛋白質の結合力を弱め、髪の奥の奥までダメージを与え、結果ギシギシとした髪質になって

しまいます。

 

髪がギシギシする理由は、過度の紫外線の浴びすぎに問題があるのかも?

 

1⃣海やプールでの紫外線の浴びすぎは思った以上に危険です

 

髪は紫外線により、乾燥・強度の低下・表面の粗雑化・色素、光沢の消失などの

影響を受けます。

 

紫外線が髪に当たると、紫外線は吸収され髪を構成しているアミノ酸が酸化し、

別の物質になってしまい、髪を構成しているケラチンがダメージを受けてしまいます。

 

髪のケアをせず、プールや海水浴で髪が濡れたままの状態で長時間紫外線を浴びつづけると、

キューティクルが焼ける等して、結果ギシギシした髪質になってしまいます。

 

 

これだけ原因があったんですね。

思い当たることありますよ。時短したくて、シャンプーするときも、タオルドライする時も

超スピードでゴシゴシしていました。

これからは、優しく丁寧にを実行しなくちゃ!!

 

 

いち髪ふんわりボリュームケアの予防美髪ってなんですか?

 

予防美髪って、こういうことらしい 🌺

いまあるダメージを修復するだけでなく

これからのダメージも予防する。

それが「予防美髪」の考え。

いち髪で毎日、髪と地肌をケアすることで傷みにくく健康的な

芯から美しい髪へ。

あしたのダメージに立ち向かうために、いま「予防」するのです。

 

 

いち髪ふんわりボリュームケアは、2006年に発売され、2016年に全品リニューアルされました。

日本に受け継がれている『純・和草エキス』に紫玄米ぬかエキスを加え、

『純・和草プレミアムエキス』へ進化しています。

 

 

髪のダメージに対する予防を追求する中で、「根元2cmの健康毛」に着目し、毛髪は1カ月に

約1cm伸び、1度ダメージを受けると元には戻らないが、根元から2cmまでは健康であることが

わかり、傷んだ髪を補修することに加え、傷みを受けないよう予防し続けることで、常に美しい

髪を保つことを目指したそうです。

 

 

いち髪ふんわりボリュームケアは、ドラッグストアの市販シャンプーの中では結構評判がいいみたいです。

 

いち髪ふんわりボリュームケアは植物由来アミノ酸系洗浄成分を配合している

 

●ラウロイルサルコシンTEA(洗浄成分)

アミノ酸系洗浄成分の中では、洗浄力・脱脂力が強い部類ですが、仕上がりはしっとりしますが

皮膚刺激もあるので、痒みや炎症を起こすこともごく稀にあるようです。

 

そして、このほかに補助的に配合されているアミノ酸系界面化製剤が、

ラウロイルサルコシンTEAの強い洗浄力・脱脂力とのバランスをとっているようなので

そんなに心配はいらないようです。

 

いち髪ふんわりボリュームケアは純・和草プレミアムエキスを配合している

 

●従来の和草の成分に、うるおい艶バランスケア成分のざくろエキスと

イソフラボン含有大豆エキスを和草素材として配合。

 

髪やせした髪に、うるおいと艶を与え、キューティクルの剥がれ等による

ボリュームダウンを防ぎます。

他にも、コメヌカエキス(保湿)・ツバキエキス(女性ホルモン様作用)・ヒオウギエキス

(育毛成分)・ムクロジエキス(抗炎症・抗菌作用)などの補修&予防成分が配合されています。

 

「ふんわりボリュームケア」と謳っているだけに、女性の頭皮環境やホルモンバランス改善に

つとめているシャンプーと言えそうですね。

 

 

いくら髪がふんわりボリュームアップしても、ギシギシはね・・ ( ノД`)シクシク…

 

わたしは、髪のボリュームアップを第一にシャンプー選びをしています。

朝、出勤前に時間をかけてブローしても、午後にはもうペシャンコ。

 

いち髪ふんわりボリュームケアは、夕方までふんわり感が持つんですよね。

でも、自分の髪の調子にもよるけど、ギシギシするのが気になりだしました。

出来れば、毎日のシャンプーはストレスなくしたいですからね~

ノンシリコンシャンプーでも、ギシギシしないシャンプーはあると思うんですけど。。。

 

 

ギシギシしないノンシリコンシャンプーはこれでーす♪守り髪シャンプーをおススメします!

 

 

 

守り髪シャンプーは、美髪メイクシャンプーって呼ばれています。

頭皮に優しく、さらにダメージ補修や栄養成分がしっかりと毛髪内部に吸収されるよう、

シリコン成分は配合していません。

 

だけど、きしまない、ギシギシしないんですよ !(^^)!

その秘密は何だと思いますか?

 

洗っても流れ落ちない吸着型のヒアルロン酸成分(ヒアロベール)が髪のキューティクルに

吸着し、「潤いのベール」を作るんです。

キューティクル同士を引き寄せて大切な髪の栄養素が流れ出てしまうのを防ぎ、

髪表面をなめらかに整えるんですね。

 

キューティクルが剥がれず、髪表面が滑らかであるという事は、髪は絡まないということ。

これなら、髪もギシギシしませんね。

 

その他にも、紫外線からキューティクルを守るシアバターや、熱ダメージから髪を保護したり

髪の強度や滑りをよくする加水分解シルクも配合されています。

 

そして、わたしがこだわる髪のボリュームアップですが、期待通りでした!

ナノリペアCMC・ナノリペアELが、切れ毛・パサつきを改善し、キューティクルを整え

ハリコシを取り戻し、ボリュームアップにつなげます。

 

正しいヘアケアで、見た目年齢マイナス5歳を目指しませんか?

 

ストレスなくシャンプーできる守り髪シャンプーをおススメします!

 守り髪シャンプー 公式サイトはこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です