モイストダイアンボリューム&スカルで湿疹やニキビが・・・ほんと?これは、マズいよね!

Pocket

 

少しずつ暖かくなってきましたね。

今年の冬はほんとに、予想外に寒かったですよね。

 

これからは、花粉症で苦しむ方が増えていくわけで、ホントにお辛いんでしょうね。

心から、「お大事に!」って思いますよ。

 

春は草木も芽吹きだし、華やかな季節ですが髪にもトラブルがおきはじめます。

 

紫外線量が増加し、紫外線によるダメージや、気温が上昇することにより皮脂分泌が

増加したり、血流が増加するために頭皮の痒みがでたり、新陳代謝が盛んになるために抜け毛が

増加したりします。

 

モイストダイアンボリューム&スカルで、頭皮に湿疹・かさぶたができたり

自分だけでなく一緒に使ったご主人までニキビができたり、抜け毛が増えたという

口コミがありました。

春だからという訳ではないですが、これはどうしたことでしょうね。

気になるので調べてみましょう!

 

頭皮湿疹は痒そうだし、頭皮ニキビは痛そうだし・・・どうしよう(泣)

 

 

 頭皮湿疹には代表的なもので次のようなものがあります

 

①脂漏性皮膚炎

②皮脂欠乏性皮膚炎

③アトピー性皮膚炎

④接触性皮膚炎

 

湿疹の原因は、頭皮のケアが悪くカビが繁殖した・頭皮の乾燥・刺激物質等が考えれます。

そして、これらの原因に結構関係しているのがシャンプーです。

 

カビの繁殖はシャンプーをしっかり洗い流していない可能性があり、逆に

シャンプーの使いすぎや髪の洗いすぎで、頭皮に必要な皮脂まで取りすぎてしまい頭皮が

乾燥を招いてしまい、シャンプー自体が刺激物質となり湿疹の原因になるのです。

 

では、ひとつずつどんな湿疹なのかを説明しましょう。

①脂漏性皮膚炎

皮脂分泌が多い場所(頭皮・髪の生え際・耳の近く)中心にできやすく

炎症を起こし地肌が赤くなり痒みがでます。

皮膚も荒れてかさつき、細かく剥がれるので細かいフケがでます。

 

脂漏性皮膚炎の原因として、ホルモンバランスの乱れやビタミンB不足、髪の洗いすぎ

洗い残しなども考えられますが直接的な原因は、常在菌のマラセチア菌の増殖です。

 

皮脂や汗などの分泌物が増えると、それらの成分をエサにして急激に増殖すると考えられています。

 

②皮脂欠乏性皮膚炎

頭皮のバリア機能が、過度なシャンプーなどにより頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下します。

特に、冬などに頭皮乾燥をほうっておくとシャンプーなどの刺激で湿疹や皮膚炎が発症し

痒みや赤身が発生します。

 

白い粉がふいたり、頭皮表面がひび割れたり、頭皮がカサカサします。

 

③アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は幼児、大人、男女を問わず多くの方が悩まされている皮膚炎です。

症状が全身(特に汗などがたまりやすい部分)に出来るので、非常に辛い皮膚炎です。

 

④接触性皮膚炎

外部からの刺激が原因で、その刺激によりアレルギー反応となって痒みを伴う湿疹が出来たり

赤いはれや皮膚の盛り上がりが現れたり、酷い時には小水疱ができたりします。

 

 頭皮ニキビってどんなの?

 

 

 

 

頭皮ニキビは、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れなどにより皮脂や古い角質が

毛穴を塞いでしまい毛穴の中に皮脂が溜まってしまうことで発生します。

 

皮脂がたまった毛穴の中でアクネ菌が、皮脂を栄養にして増殖し

炎症を起こすことでニキビとなります。

頭皮は顔よりも皮脂腺が密集しており(1㎝²あたりで800個もの皮脂腺が存在します)

皮脂量も多いためニキビができやすい環境となっています。

 

加えて、髪に覆われているため汚れも溜まりやすく、頭皮ニキビを放置しておくと

痛みや膿を持ちさらに悪化してしまうのです。

 

調べて思ったのですが、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎以外は、毎日のシャンプーの時に

少し気を使ってあげれば、防げるような気もするトラブルじゃないかと思うんですけど。

毎日のシャンプーやすすぎ方、髪の乾かし方などを注意してあげれば防げるような気もしますね。

 

 

モイストダイアンボリューム&スカルも合う人には合うんだけどね。

 

 

 

メイクを落とすのにオイルを使うのだから髪の汚れを落とすのにもオイルを

使うのもいいのでは?という考えから生まれたオイルシャンプー。

 

 

モイストダイアンボリューム&スカルもノンシリコンで、レアオイル自体に洗浄効果のある

植物オイルを使用しているので、頭皮の汚れを落とし、サラッとした指どおりや

髪の絡まり・髪の摩擦を防ぎます。

 

特に、髪がうねっている人は、直毛の人より髪が乾燥している場合が多いので

髪に潤いを与えてくれるオイルシャンプーは最適といえるみたいですよ。

 

●モイストダイアンボリューム&スカルに配合されているレアオイルはなに?

①アルガンオイル

 

モロッコの南西部にしか育たず、乾いた土地に深く

根を張り養分を蓄えその養分の結晶が

アルガンオイルになります。

 

採取方法がユニークで、ヤギが木に登り実を食べその後ヤギが吐き出した種の芯から

オイルを絞り出しアルガンオイルとなります。高価なはずです!

 

②バオバブオイル

 

「魔法のオイル」と呼ばれ

体内では作られにくい数種の

高純度脂肪酸と美容効果抜群

のビタミンからできています。

オレイン酸・リノレン酸・

パルミチン酸を多く含み、保湿力も強く抗酸化力も抜群で

アレルギーの改善にもなるといわれています。

 

 

③ホホバオイル

半永久的に腐らないと言われており安定性が高いオイルです。

不要な角質を柔らかくし、毛穴につまった皮脂汚れを洗い流すことが

できます。

 

肌と同様に、ホホバオイルは髪にもうるおいを与え保湿をしてくれると

言われています。

髪のお手入れにホホバオイルを使う事で、紫外線や熱などによる乾燥を

防いでくれるようです。

 

オイルシャンプーは、製品によって配合されているオイルの種類や

成分濃度もさまざまです。

これも、気になりますよね。

 

特に、オイルが高濃度のシャンプーは、保湿力や洗浄力は優れていても

髪や頭皮にべたつきが残ってしまい乾燥の原因にもなることがあります。

 

 

実は、わたしも何となくシャンプーしても頭皮のスカルプ感がないなぁと、感じたのは

そういう理由があったのかもしれません。

それに、口コミに合ったよう湿疹・ニキビは、配合されている洗浄力が非常に

強い高級アルコール系のラウレス硫酸NAの影響やオイルの種類にも

よるのかもしれないですね。

 

誰にでもピッタリくるシャンプーは残念だけどないと思うけど、シャンプーで

湿疹や頭皮ニキビができてしまうなんて、少し恐怖ですね!

 

今することは洗浄剤が頭皮に優しいシャンプーに見直すことが必要ね!

 

 

洗浄剤の種類の話は、皆さんよくご存知だと思いますが、ここでおさらい。

シャンプーの成分は表示は配合量の多い順番に記載されており、一番多いのは水分です。

そして、2~3.4番目ぐらいまでが洗浄剤です。

 

代表的な洗浄剤は・・・・・

 

①高級アルコール系洗浄剤

②石鹸系洗浄剤

③アミノ酸系洗浄剤

 

 

 

ドラッグストアなどの市販できるシャンプーに配合されている洗浄剤は、コスト的に言っても殆どが

 

①高級アルコール系洗浄剤です。

安価な分、品質的に問題が。洗浄力・脱脂力が強くて結構頭皮には辛いものがあるみたいですよね。

シャンプーを購入するときには、ボトルの裏をチェックして「ラウレス硫酸~」とかいう文字がないのを

確認してくださいね。

 

 

そしてやっぱり、おススメなのは③アミノ酸系洗浄剤です。

確かに、洗浄力は弱めで、頭皮にも低刺激で敏感肌や、乾燥肌タイプにはおすすめです。

「ラウロイルメチルアラニンNA」「ココイルグルタミン酸NA」がアミノ酸系の洗浄剤です。

 

頭皮に問題があるときは、取り合えずアミノ酸系シャンプーに変えてみるといいかもしれませんね。

 

 

アミノ酸系シャンプーといったら、これかな。無添加だし良いとおもうの。マイナチュレスカルプシャンプーだよ!

 

 

 

マイナチュレスカルプシャンプーのきもは、本当に配合したかった成分だけを使い

必要のない合成された成分は無添加にして「すっぴん美髪」を作り出そうというところです。

毛髪診断士と美容師が、使い心地・洗い心地の細部までだわって開発しました。

 

 

マイナチュレスカルプシャンプーはすごくシンプルなケアです。

「頭皮と髪の汚れをしっかり落とす洗浄力+ダメージケア成分で頭皮と髪を癒す」のです!!

 

シャンプーの成分は殆どが水で、2.3.4番手が洗浄剤であることは書きました。

その洗浄剤が、アミノ酸系の頭皮や髪に低刺激であることや、例えば頭皮ニキビや湿疹が

出来てしまった時のケアもしてくれる、そんなシャンプーです。

 


 

 

厳選したアミノ酸系の洗浄成分だけを配合しています

 

 

 

「石油系」「石鹸系」は洗浄成分が強く、髪や頭皮にも刺激が強いですが

皮脂を必要以上に取りすぎないので、スカルプケアにはとても最適です!

 

コカミドプロピルベタイン

これはアミノ酸系洗浄剤ではなく、両性界面活性剤というもので低刺激で、洗浄力もマイルドで、シャンプーに

粘土を増すために配合されたり、ベビーシャンプーなどに配合されます。

 

ラウロイルメチルアラニンNa

泡立ちも良く洗浄力もありますが皮脂を取りすぎず、低刺激です。

洗いあがりは、サッパリ系なのでボリュームを出したいシャンプーなどにも配合されることも

ありますが高価です。

 

ラウロイル加水分解シルクNa

補助洗浄剤として主に用いられ、髪の補修効果もあり、低位刺激で洗浄力・泡立ちは控えめです。

タンパク質人似ているので頭皮・髪への馴染みも良くコンディショニング性も高いようです。

高機能な洗浄剤で高価です。

 

 

ダメージケア成分で髪と頭皮を癒します

8種のオーガニック成分を配合

消炎効果

頭皮の乾燥を防ぎ保湿・血行を良くするなどの

効果があります。

 

 

 

28種の植物成分を配合

(洗浄角質ケア・頭皮毛髪保護・毛髪補修・ふけ・かゆみ・消臭など)

 

さらに美髪成分をプラス

①炎症の抑制をするアラントインを配合

 

アラントインには、組織修復賦活作用消炎鎮静作用抗刺激作用などが

あるとされています。

新しい表皮細胞の増殖を促進させたり、古い角質を排出する効果に

優れていることから『組織修復』の有効成分として厚生労働省から認可されています。

 

アラントインの消炎鎮静作用は、ニキビや湿疹などの炎症を抑える効果が期待できます。

また、ニキビで炎症を起こしてしまった肌に使用すれば、ニキビ痕が残らないようにする

作用もあります。

 

 

②毛穴を引きしめたり、角質層補修・活性酸素除去のエイジングケアに必要なフラーレンを配合

フラーレンとは非常に小さな抗酸化物質です。

 

身体の中に過剰発生した活性酸素により細胞や遺伝子レベルで傷がつき、老化の原因になったりしますが

過剰な活性酸素は、肌のしみ・たるみ・しわの原因になるだけでなく、艶のない髪や

抜け毛の原因の一つにもなります。

 

フラーレンには強い抗酸化作用もあり、髪の内部にも作用するので、頭皮や髪の状態を

活性化させ健康な髪や頭皮を維持できます。

 

 

どうでしょうか?

シャンプーには数えきれないほどの種類の製品がありますが、やはり自分の頭皮に合ったものが

いちばんですよ。

 

確かに、ドラッグストアでは安価で様々なシャンプーを購入出来ますが、その結果自分の

髪や頭皮が危険にさらされていると思ったら、こわくないですか?

 

これからも長くお付き合いする髪の毛ですよ。

少し、投資して健康な髪と頭皮を保ち続けませんか?

はっきり言って、髪の状態が悪かったり、薄毛になって来たかもなんて思うと、ぞっとしますよ。

 

マイナチュレスカルプシャンプーのご購入者には、無料で相談できるシステムもありますし

返金制度もあります。

シャンプーの見直しは、今ですよ!!

 

健康で美しい髪を長く保つにはマイナチュレスカルプシャンプーしかありません!

 

 マイナチュレスカルプシャンプーの公式サイトはこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.