髪の毛の先端が細い?心配がいらない場合もあるけど、注意が必要な場合もありますよ。よく、観察してね。

Pocket

 

 

日本人の髪って、他の人種と比べると本数は少ないのですが、1本1本は太いそうです。

日本人の髪は、「真っすぐで太め」で太さは、0.07-0.1㎜と欧米人と比べるとやや太め。

 

髪が太めであるので、全体的な本数は日本人は平均10万万本、欧米人は11-14万本くらい。

わたしは、逆に日本人の方が細いのかと思っていました。

 

イメージ的に、体格も小柄だし食生活も違うし、日本人の髪も細いのかななんて勝手に

思っていました。

 

そして、一般的に日本人は直毛が多いのかと思ったら、意外にも実際7割程度が多少の

くせ毛なんですって。

 

 

なぜ、くせ毛になるかご存知ですか?

答えは、毛穴の形にあるんです。

くせ毛の人の毛穴の形は、楕円形。直毛の人の毛穴は綺麗な正円のようになっているそうです。

そして、楕円の毛穴からはねじれた髪が生え、くせ毛の原因となるそうです。

 

 

髪の事、調べていると結構奥が深いですよ。

「髪」という文字を分解すると、「髪は長いお友達」となるんですよ。

昔、何かで聞いたことがあります。

 

 

でも、実際女性でも男性でも、いつまでも健やかな髪でいたいですよね。

女性なら、なおさらです。しっとり艶やかな髪でいたいと思わずにいられません。

 

 

髪を見たら、なんだか先端が細くなっているような気がする!これは、何かの兆候なのかしら?

 

 

髪の毛は、どう成長しているのかご存知ですか?

 

ヘアサイクル(毛周期)というのが

あります。

成長期(髪が伸び続ける期間)

退行期(髪の成長が止まる期間)

休止期(髪が抜け次に生えるのを待つ期間)

というように、この3つのサイクルを

繰り返します。

髪の毛は、毛穴から同じ太さで伸び続けていくわけではないんです。

 

 

わたし・・・・髪を抜くのは痛いから友人にじっくりと、自分の髪の根元を見てもらった事が

あります。

 

彼女は言いました。

「確かに、根元の方が毛先より太い感じがする。全部が根元から先端まで同じ太さではないよ。」

「でも、まだ大丈夫なんじゃないの?」

 

髪の毛が生まれるのは、毛穴の奥にある「毛球部」が分裂して、細い髪の毛が下から

押し上げられるようにして伸びてくるのです。(成長期)

 

そして、2-6年かけて成長した髪の毛は(退行期)に入り髪の毛を、生み出していた

「毛母細胞」の働きが衰えます。

 

(退行期)を経た髪の毛は、最後に(休止期)に入り、これ以上は髪の毛は伸びません。

 

(休止期)は「毛母細胞」の分裂もお休みしている訳ですからね。

 

(休止期)に入った髪の毛は、3-4ヶ月で抜け落ち、次のヘアサイクルの開始に備えます。

 

ですから生えはじめの髪の毛は、伸びていくことで毛先になりますが、最初から太い髪の毛が

同じ太さで成長し続けるわけではないので、当然毛先は細いままですね。

普通に健康な状態の髪に毛なら、毛先が細くても心配はいらないようですね!(^^)!

 

 

 

では、なぜ髪の先端が細くなるの?先端が細くなる原因は?

 

 

① シャンプーの仕方を間違えると髪は傷んでしまうわよ!

 

シャンプーの本来の目的は、頭皮の汚れをきれいに落とすことです。

実際、シャンプー剤を使う前に、お湯だけで丁寧に洗う事で汚れの80%は落ちているという

事です。

 

そして、一番いけないこと。

 

シャンプー剤を直接頭につけて、髪の毛をすり合わせるようにして、泡立てて洗う事が

髪の毛を傷めるのです。

 

シャンプー剤を手のひらにとり、泡立ててから泡を頭にのせ、おもむろに優しく洗う!

これが正しいシャンプーのしかたです。

 

髪の毛の擦り洗いは、キューティクルを剥がしてしまう原因にもなるので、髪の毛が痛みます。

 

② ブラッシングのしすぎも髪の毛にはよくありませんよ!

 

 

確かに髪の毛の長い方などは

ブラッシングすることで髪の毛の

絡みをといたりほこりや汚れを

とったり抜毛をとりのぞいたり

ブラッシングすることで

リラックス効果もありますよね。

 

ですが・・・・・これもやりすぎは厳禁ですよ!

髪の毛だけでなく頭皮も傷つけてしまう事もあるので要注意です。

 

 

ブラッシングすると静電気がおきます。

この静電気が髪の毛のキューティクルを剥がしてしまうのです。

静電気により髪の毛はプラスに帯電、プラス同士の髪の毛は反発しあい既に剥がれやすく

なっているキューティクルは傷つきます。

 

また、プラスに帯電した髪の毛とマイナスに帯電したブラシなどが引き付けあい、摩擦が生じ

傷つきます。

 

髪の毛は縦の繊維でできており、その表面をキューティクルがぐるりと囲ってくれて

保護しています。

その大事なキューティクルが、傷ついてしまうと、簡単に髪の毛は裂けてしまい、枝毛となり

髪の毛の先端はバサバサになってしまうのです。

 

 

③ 濡れたままの髪の毛もだめ!熱風ドライヤーで乾かすのもダメですよ!

 

髪の毛が濡れた状態は、キューティクルも開いているということなんですよ。

その濡れたままで寝てしまうと、枕と頭皮・髪の毛がこすれてしまい、この摩擦により

剥がれやすくなっているキューティクルが剥がれたり、更に開いた状態になります。

 

濡れた髪はNGであることは分かりましたよね。

 

では、ドライヤーで乾かすときは・・・

 

毛先は一番ダメージを受けやすい場所です。熱風で時間をかけて乾かすと、髪の毛の中に

ある水分まで奪う事にもなるので、乾かすときは根元をしっかり乾かすことを

心がけてくださいね。

ドライヤーの熱風を長時間髪の毛に当て続けることも、キューティクルを傷めます。

 

④ 栄養不足・ストレス過多

 

バランスのとれた食生活をして

いますか?

 

髪の毛は頭皮の下の毛細血管から

栄養を摂っています。

ですが、せっかく摂った栄養も

まずは身体や脳の働きを維持するために、生命維持を優先する為に使われ、頭皮の毛細血管まで

栄養が行き届くのは、はるか先の事です。

 

ですから日常的にバランスの取れた食生活をしていないと、頭皮の毛細血管まで栄養が

行き届かず、髪の毛は細くハリツヤのない髪の毛になってしまうのです。

 

おすすめの食品は・・・・

大豆タンパクや亜鉛・海藻や肉、緑黄色野菜・ナッツ類など、栄養の偏りがなく

摂取することが大切です。

 

ストレスは今やどなたにとっても大問題です。

 

過度のストレスは血行不良をおこし、栄養が運ばれずに「毛母細胞」の働きが衰え

抜毛・薄毛の原因になります。

 

また、ホルモンバランスや自律神経が乱れも、摂取した栄養が吸収されなかったりして

薄毛の原因にもなります。

 

以上の、4つの事に気をつけていれば大丈夫ですよ。

髪の毛の先端が細い事は、普通の事なので過度の心配はいらないと思いますが

①から④は実践してくださいね。

 

しかし、毛先が細い抜け毛が増加するのは要注意かもしれませんよ!

 

 

「抜け毛に短いものが多い気がする」「髪の先端が細くなって抜けている」

 

これは、実は薄毛の前兆なんですよ。

 

抜毛を見ていると、長さにバラつきがあります。

抜毛の中に長さが短く,弱弱しい抜毛を見つけることがないですか?

これが「短小毛」と呼ばれる抜毛です。

 

5cmくらいの長さの抜毛を発見したら、それは半年もしないで抜けた髪の毛の可能性が

高いです。髪の毛の寿命が短くなってしまっているのかもしれません。

「短小毛」を発見したら、出来るだけ早く髪の毛のケアを始めた方がよいでしょう。

 

「短小毛」が増加する原因はAGAの発症・ホルモンバランスの乱れ・栄養不足などが

多いと言われています。

 

対策には、育毛剤がよいかと思われますが、まだ髪の毛がしっかりある状態の方は

上記の①から④を実行していただいたり、育毛剤が効果的に効くようにアミノ酸系シャンプー

などで最初に頭皮環境の改善をしていただければ、効果もしっかり感じることが

できると思います。

 

 

やはり髪の悩みを改善するには、最初にアミノ酸系シャンプーで頭皮改善をすることが早道だと思う!

 

 

 アミノ酸ってなに?

 

アミノ酸は、身体を構成する原料となるタンパク質を構成する成分のことです。

 

髪の毛も頭皮も、アミノ酸が組み合わさったタンパク質によって構成されており

そのためアミノ酸シャンプーは頭皮や髪の毛への刺激が少ないとされています。

そして、シャンプーになくてはならない洗浄剤がアミノ酸でできているということです。

 

 アミノ酸シャンプーのメリット・デメリット

 

敏感肌・乾燥肌・アトピーなどの方は、アミノ酸シャンプーを用いることで、頭皮への刺激を

抑えることが期待できます。

 

特徴は、低刺激なので頭皮や、髪の毛に優しい。適度な洗浄力で、皮脂を必要以上に

落としすぎないので乾燥しにくいなどです。

 

デメリットを上げるのなら・・・・

高級アルコール系シャンプーよりも、洗浄力は弱めなので、いつも頭皮が脂っぽいと

感じる方などは、過剰な皮脂が頭皮に残ってしまう事があります。

 

このような時は、頭皮のもみ洗いを念入りにするとか、二度洗いをするとか、頭皮の

様子を見ながらにしましょう。

ですが、皮脂の取りすぎはまた別の悪影響を起こしますから、注意が必要です。

 

 アミノ酸シャンプーを選ぶ時の注意

 

アミノ酸系シャンプーと呼ばれていても、高級アルコール系シャンプーや石鹸系シャンプーに少量の

アミノ酸系洗浄剤を少量加え、洗浄力を高くしたアミノ酸配合シャンプーもあります。

 

一方、アミノ酸系洗浄剤メインのシャンプーは、洗浄力はマイルドです。

購入するときに、シャンプーボトルの裏にある成分表示を確認してくださいね。

アミノ酸系洗浄剤であるココイルグルタミン酸やココイルアラニンが配合されているものを

選んでくださいね。

 

 

わたしは、CA101シャンプーを使ってみました。髪1本1本がしっかりしてきた感じがよかったですね。

 

 

 

CA101シャンプーは、頭皮環境を完璧に良くしようというシャンプーです。

毛髪診断士の田村マナさんが、1万人の女性と頭皮を診断し、開発したシャンプーです。

 

女性の薄毛の原因は頭皮の老化によるものが多いということをご存知ですか?

そこで、CA101シャンプーは頭皮の老化を徹底的にケアするシャンプーなのです。

 


 

CA101シャンプーは・・・・

 

①ミネラルを豊富に含む「海泥」「薬用炭」といった天然成分が毛穴の汚れを

優しく取り除きます。

 

②特殊製法の酵素(パパイヤ)が古い角質を優しく落とし健康な頭皮にします。

 

③36種の植物エキスが髪と頭皮に潤いを与えます。

 

④9種類の天然植物エキス配合のトリートメントで内側からしっとり

 

⑤加水分解シルク・加水分解コラーゲン・加水分解ケラチンが髪にハリ・コシ・ボリューム

 

CA101シャンプーは、「海泥」「薬用炭」のために真っ黒いテクスチャーです。

この黒い「海泥」「薬用炭」たちが、毛穴の汚れをしっかり落としてくれる感じがして

バスタイムも楽しいですよ。

トリートメントも控えめな、爽やかな香りなのもおすすめです。

 

 

 

CA101シャンプー おすすめです!!使ってみて下さい。

 CA101シャンプーの公式サイトはこちらから。あなたの髪も変わる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.