濡れた髪を放置することは薄毛につながるよ。改善できるから生活習慣を見直してね。

Pocket

 

 

30代後半の会社員のA子さん

薄毛になってしまったような状態なんです・・・(涙)

最近、鏡でいろいろな角度から見てみると、頭皮が透けて見えるような気が

するんです。

 

気にしすぎかな?誰も何も言ってくれないし・・・(当然ですね。こんな微妙なこと)

 

もともと、細い髪の毛で30代後半になるとボリュームも減ってきているのも感じて

いました。

 

思い当たること・・・・あるんです。

毎日くたくたで帰宅し、お風呂にはいったものの、あとは眠くて面倒で濡れ髪のままで

寝てしまうのが、その頃の彼女の習慣でした。

 

そのせいでしょうか?

頭皮が臭う事もあったし、抜毛が妙に多いと感じる時もありました。

濡れた髪で寝てしまったことが原因なんでしょうか?

 

今からでも改善できるのかしら?

 

 

濡れ髪を放置したまま寝てしまう悪い習慣。そのせいか、薄毛になってしまったような気がするけど、改善できるかな?

 

 

髪の毛が濡れたまま寝てしまう事で、髪の毛に与える悪影響はいくつあると思います?

 

① 濡れたまま寝ると雑菌が繁殖しやすい!

② 頭皮の血行不良を引き起こす!

③ 濡れた髪はダメージを受けやすい!

 


濡れたまま寝ると雑菌が繁殖しやすい!


 

わたしたちの身体には常在菌という菌がいます。

頭皮にも皮膚常在菌と言われる20-30種類の菌が存在しています。

この菌は、誰もが持っている菌で、頭皮だけでなく背中・胸など皮脂の分泌が多い所に

存在しています。

 

そもそも皮膚常在菌自体は悪者ではなく、体調不良や何かしらの原因で増殖して皮膚などに

症状が出ます。

例えば、頭皮や髪の毛が濡れている状態で寝てしまえば、菌は増殖して炎症をおこしフケや

痒みなどの症状が現れます。

 

そして、怖いのはここからです。

 

炎症が起きて頭皮の環境が悪くなるとどうなると思いますか?

頭皮環境が悪くなると、髪の毛を支える毛根もダメージを受けて、髪の毛を支える力が

無くなり、髪の毛が抜けやすくなりやがては、薄毛へとつながってゆくのです。

 

そして、髪の毛が濡れたままで寝るという事は、当然枕なども濡れてしまうという事ですよね?

わたしたちは、寝ている一晩でコップ1杯の汗をかくと言われています。

 

もちろん全部が、頭からの汗ではありませんが、髪の毛が濡れたままで寝れば余計に

枕や寝具も湿気を増やすことに。

 

これは、菌やカビの温床を作ってしまう事につながります。

想像してみて下さい!!

気持ち悪いし、怖いし、自分がこのような状態の中で寝ているのかと思うと‥‥汗

 

 


頭皮の血行不良を引き起こす!


 

子供のころ、お風呂上りに髪の毛をきちんと乾かさないと風邪をひくと、いわれません

でしたか?頭皮が冷えることは良くない事なのです。

 

髪の毛が濡れたまま寝ると、頭皮から水が蒸発するときに熱を奪い、頭皮は冷え切り血行不良を

起こすことになります。

 

髪の毛の栄養は、頭皮の下の毛細血管から得る酸素と栄養です。

血行が悪くなると、酸素も栄養も行き届かなくなり、髪の毛は弱くなってしまい、その結果

抜毛になることになるのです。

 

先ずは、髪の毛を濡れたままにせず、頭皮を冷やさず血行不良を予防することが重要です。

 

 


濡れた髪はダメージを受けやすい!


 

 

濡れた髪の毛のままで寝ると、枕との摩擦でダメージを受けますよ!

 

髪の毛って、三層構造になっているじゃないですか。

一番外側のキューティクルが髪の毛の保護をしており、熱や摩擦から髪を守っています。

ですが、キューティクルは髪の毛が濡れると外側にめくれて、剥がれやすくなってしまいます。

 

髪の毛がダメージを受けると、枝毛や切れ毛も増加し、その状態で髪の毛をブラシで

とかすと引っかかってしまい、余計抜け毛がいつもより多くなってしまう事があるのです。

 

 

濡れ髪を放置する事は、抜毛⇒薄毛へまっしぐら!タオルポンポンとドライヤーで15分以内に乾かしてね♪

 

 

濡れたまま髪の毛を放置しておくのは、向こうからやってくるダメージを待っているのと

同じです。

お風呂上がりの濡れた髪の毛は無防備です。

 

キューティクルは開いたままだし、せっかくコンディショナーで栄養を補給しても

開いたままなら、どんどん水分も蒸発していきます。

 

髪の毛の乾かし方にもポイントがあるんです。

髪全体を吸湿性のよいタオルで包み、髪の毛を挟むようにしてポンポンと水気を取り、頭皮は

ゴシゴシせずに頭皮にタオルを当て、指の腹で水分を取るようにすると良いですよ。

 

こうして、タオルドライをしっかりしておくことで、ドライヤーで乾かす時間も

短くできます。

 

先ずは、乾きにくい根元から髪の毛を書き上げるように、ドライヤーをあて根元が

乾いたら毛先に向かって髪の毛を伸ばす感じで乾かします。

必要以上に、乾燥させることは頭皮に逆にダメージを与えることになるので、ご注意を!

 

 

とにかく濡れた髪のまま寝るのはやめて。

 

どんなに眠くても疲れていても、髪の毛はしっかりと乾かす習慣をつけてくださいね。

生活習慣を見直すだけでも、髪の毛は変わりますよ。

わたしたち女性には、今後加齢によるホルモンバランスの乱れによる、抜毛や薄毛が待って

います。

少しでも、美しい髪の毛を持続させるために、濡れた髪のまま寝ることだけはやめましょう。

 

シャンプーは今、何を使っていますか?

わたしは、1日の終わりに香りがお気に入りのシャンプーを使っています♥

好きな香りなら、気持ちも癒されるし乾かす時も気分が良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.