ナイトキャップで睡眠中のダメージ、切れ毛や摩擦で髪が痛むのを防ぎましょう!!

Pocket

 

「ナイトキャップ」

わたしの生活にはまるで馴染みのない物でしたが、タレントの渡辺直美さんが紹介したことで

最近、凄い人気らしいですね。

 

アメリカの開拓時代のおばあちゃんや、クッキーのステラおばさんみたいだわ・・・なんて

思っていたけど、その効果は本当にあるんでしょうかね?

 

眠っている時に、暑苦しいとか、かえって髪がむれるんじゃない?なんて疑問もあるんですが

人気があるということ、やっぱり髪の毛に良い効果があるのかしら?

気になるので調べてみますね。

 

 

ナイトキャップの目的は、どうやら切れ毛や髪の毛の摩擦を抑えるものらしい!

 

 

ナイトキャップの歴史をしらべましたよ。

正直びっくり!!

 

始まりは中性ヨーロッパの時代だそうです。その頃の、ヨーロッパは不衛生極まりない街で

あったようで排泄物は街にそのまま廃棄され、死体も川に放置されるという不潔な歴史が

あったようです。

 

そんな状態なので、シラミが発生するのも当然のことで、そのシラミを予防したり

寒さしのぎに被って眠るということだったみたいですよ。

 

シラミ予防に帽子もどきを被る?

信じられますか?

 

 

ナイトキャップの効果を渡辺直美ちゃんがインスタで紹介していた!

 

直美ちゃん、なかなか似合っていますね。

直美ちゃんが愛用しているのは、シルクのナイトキャップの

ようですが彼女曰く「ナイトキャップを使うようになったら

髪の毛がサラサラになった。」

ということらしいんです。

わたしの印象だと、彼女は結構ヘアスタイル激しく変えますよね。

最近は、色とりどりの三つ編みみたいな姿をよく

見かけますが、昔からの印象では結構ツヤのある綺麗なストレートっていう感じがありました。

過激なヘアスタイルを披露してくれるために、シルクのナイトキャップで毎晩ケアして

いるんですかね。

(写真はお借りしました)

 

ナイトキャップは睡眠時の髪の毛の摩擦や切れ毛を防いでくれます

 

 

 

現在は、もちろんこれだけ人気が出ている理由は、「シラミ対策」ではないのは当然ですが

何がそんなに人気なのかしら?

 

それは、ナイトキャップを被ることにより「髪の毛の痛みを改善し、丈夫で健やか

髪の毛にする」として人気が高まりました。

そして、抗がん剤治療の副作用による脱毛症のケアにも用いられたりしています。

 

そして、眠っている時でも髪の毛はダメージを受ける危険性があるのです。

普通、髪の毛のダメージといったら、紫外線・カラー・パーマとかとおもうでしょう?

いえいえ・・・

 

「寝る」という行為自体が髪の毛にダメージを与える原因になってしまうのです。

「まくら擦れ」というのがあるみたいで、後頭部の髪の毛に起きやすいようですよ。

 

人間は平均一晩に20-30回も寝返りを打つそうです。

寝返りで髪の毛同士がこすれてしまったり、枕との摩擦で、切れ毛や枝毛、抜毛の

原因になる事があるんですね。

 

ナイトキャップをかぶることで、この摩擦から髪の毛は解放されるということですね。

 

保湿効果もあり頭皮の乾燥も防げる!

 

 

ナイトキャップを被って眠ると、髪の毛が覆われるので髪の毛と頭皮の乾燥を抑えます。

これなら、髪のパサつきや頭皮の乾燥は抑えられますね。

 

もしかしたら、シャンプーの後のトリートメントの効果も、もっとあるかもしれませんね。

それと、アトピー性皮膚炎や、アレルギーなど湿疹がある場合、頭皮を掻きむしりたく

なりますがその防止にもなりますね。

 

夏は汗を吸い取り、冬は頭暖かで気持ちよく眠れます

防寒のイメージが強いナイトキャップですが、夏は吸水性・発散性・通気性などにすぐれた

素材を選べば、逆に寝汗を吸い取ってくれて快適です。

 

特にロングヘアー女子なら、首元に髪の毛がまとわりつくのは気分が悪い物ですが

ナイトキャップを利用すれば、顔周りも、首元もすっきりし寝苦しさのストレスからも

解放されますね。

 

ナイトキャップは、やはりシルク製が一番です!!

保湿・吸湿・放湿に優れているので、冬は暖かく、夏は汗を吸い取り放出してくれるので

気持ち良さはバツグンです。

 

💛 シルクのナイトキャップ利用者の口コミです 💛

 

カラーと縮毛矯正傷んでいたが、これを被って寝ると翌朝しっとりつやつやしている。

枕との摩擦で切れたり絡まってごわついたりしていたが、予想以上の効果に

ビックリしました。

くせ毛なので、あとはつくが、ブローするとすぐ直り、ツヤが出る。

 

半信半疑で買ってみましたが、あまりの効果に感動しました。 髪質が変わった

かのようにしっとりさらさらの髪になります。

切れ毛や摩擦を防いでくれる優れものナイトキャップを選ぶには?

ナイトキャップには、シルク・コットン・麻などがあります。

シルクは、保湿・吸湿・放湿に優れているので、冬は暖かく、夏は汗を吸い取り放出してくれるます。

コットンは、シルクに比べ安価ですが、オーガニックコットン製は敏感肌の方にも人気です。

麻素材は数は少ないようですが、シルクよりも吸水性・耐久性にも優れています。

自分の髪の長さ・量も考え、一晩中被って眠る訳ですから、ゴムやひもで

サイズ調整ができるものが良いと思います。

また、夏・冬で素材を変えて使うのもよいでしょう。

 

 かぶりものをして、眠るのはあまりなじみのない習慣なのですが

頭皮の乾燥を防いだり、切れ毛を防いでくれるなら試してみる価値は

あると思います。

ダメージが気になるようなら、洗い流さないタイプのトリートメントを髪の毛に馴染ませてから

ナイトキャップを被ると、翌朝はしっとりとか、緩く三つ編みしてナイトキャップを被って

眠ってみると翌朝のセットに変化がつくとか、楽しめるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.